左手デバイスについて

こんにちは、せっかく早く仕事から帰ってきたのにうっかり寝落ちして今日はイラストがまったく進まなかったりずです(*‘∀‘)ヤレヤレダゼ


さて、今回は左手デバイスについてお話したいと思います。


デジタルで作業している人は使っている人も結構いると思いますが、最近デジタルでも描きはじめてみたというような人には「左手デバイス?何それ美味しいの?」と言わんばかりに馴染みのない機器かもしれません(・∀・)


というか僕がデジタルで作業し始めた時そんな感じでした(`・ω・´)


なので、そんなデジタル初心者の人や左手デバイスの購入を考えている人向けに左手デバイスがどんなものか紹介していきたいと思います。


最初に結論から言うと、使い慣れるともう使う前には戻りたくないくらい快適なデバイスです。


僕が実際に使っている左手デバイスはこちらのLogicoolのG13rという機種。

実物はこんな感じ↓

手を置くとこんな感じ(・∀・)

画像を見ての通りですがちょっとデカいです、全長24cmくらいですね。


それでこのG13を使って何ができるかというと、例えば作業を戻すショートカットはcontrol+zですよね。

このショートカットを1個のキーに割り当てることができます(*‘∀‘)

僕の各ショートカットの割り当てはこんな感じです↓

特に全部のキーにコマンドを割り当てないといけないわけではないので、自分が使いやすいと感じたところに必要だと思ったコマンドを追加して割り当てている感じですね。


そして右手で描画をし、左手は常にこのG13の上に添えて各キーを必要に応じて使っていく感じの使い方になります。


慣れない最初こそ使いづらく感じるかもしれませんが、一度慣れてしまうといちいちキーボードを触らなくていいのでかなり作業効率が上がります。


なので、一回は試しに使ってみる価値のある機器だと思います。


それでオススメは使っている人も多めで安定感があるこのLogicoolのG13r です、と言いたいところなのですが!

現状は価格高騰でオススメできません(;’∀’)


僕が購入した時はこの通り、8326円だったのですが↓
※尚、本体がガタつく初期不良があったので交換してます。

どうやらいつの間にか生産が終了していたらしく、記事を書くにあたって検索すると…

( ゚д゚) ・・・(つд⊂)ゴシゴシ ・・・(;゚д゚) ・・・(つд⊂)ゴシゴシゴシ・・・


(;゚ Д゚) …4万越えっ!?


これはちょっと高すぎでしょう…


という状態なので現状、お金に余裕があってどうしても新品のG13がいい!という人にしかオススメできません( ;∀;)

もしくは中古ですかね(^^;)



ただ、下の画像のようにLogicool以外のメーカーも左手デバイスを出しているのでLogicoolに囚われることもなくていいと思います↓

個人的に今使っているG13が壊れてしまった時に使ってみようかなと思っているのがRazer Tartarus V2ですね。

なんか形とかG13よりかっこいい気がするのと、ヨドバシカメラで実機をベタベタと触ってみた時にキーの感触と全体のサイズを含めフィット感が良さげだったので(・∀・)


ただし、色々レビューを見ると耐久性が気になるところ(。-`ω-)


もし買うことがあったら使用感などレビューしていきたいと思います(*‘ω‘ *)



とりあえず左手デバイスについては、イラストを描いてる時のショートカットコマンド入力の煩わしさから解放されるところを想像してもらうと左手デバイスの有用性がわかりやすいと思います。


というわけで、今回は左手デバイスについてのお話でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます(`・ω・´)ゞ

明日こそはアドミニストレータ様を描き進めていきたいと思いまする!

ではまた次の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です