個人的メッシュチェアのお手入れ方法

こんにちは、SAOのアドミニストレータ様、かわいくね(;・`д・́)?

というわけで、アドミニストレータ様の一枚絵を描き始めたりずです(*‘∀‘)
※経過は追ってアップしていきます!


さて、今回は僕が定期的にやっている個人的メッシュチェアのお手入れについてお話していきます(・∀・)


今、僕が使っているのはオカムラのコンテッサCM91AB-FBH1という型のメッシュチェアなのでこちらを例にやっていきたいと思います。

メッシュチェアと言えば通気性が良いというのが最大のメリットですが、反面メッシュにホコリなどのゴミが溜まってくるというデメリットがあります。


これはメッシュチェアの宿命とでもいいましょうか。

どう使ってても溜まってきます(´・ω・`)


なので、定期的に手入れをしてあげないといけません。


その割に手入れに関しては取説に


「メッシュ部を手ではたいた後、電気掃除機で埃を吸い取ってください。またクッション部はクリーニングできませんので、著しく汚れた場合は新しいクッション部と交換することをお勧めします。」


とサラッと書いてあるだけだったりします。

※ちなみにメッシュ座面とクッション座面のモノがあります。


というわけで、参考になるかはわかりませんが僕の個人的なお手入れ方法を書いていきますね(*‘ω‘ *)

尚、あくまで僕の個人的なやり方ですので、試される場合は自己責任でお願いします。

では、まず汚れを見ていきましょう!

僕の使っているタイプは座面もメッシュなので、全体はこんな感じです。

この距離だとわかりづらいかもしれませんが、近づいて見ると下の画像のようにメッシュに結構ホコリが溜まってます。

なかなか汚くなってしまってますね(^^;)

尚、これはメッシュに絡まってるので軽く叩いただけではまずキレイに落ちません。


座面の下の部分もこんな感じにホコリが溜まってきます↓

これはいけませんねぇ…(。-`ω-)

というわけで、さっそくキレイにしていきましょう!



まずは掃除機を用意します。

ブラシヘッドがあるとディモールト捗ります!

ブラシヘッドがない場合はナイロンブラシもしくはタワシとかでもいけるかと(・∀・)

↑こんな感じでブラシで座面のホコリを掻き出しながら全体のホコリを大まかに吸い込んでいきます。


ゴシゴシと強くやり過ぎてメッシュの表面を傷めないように気を付けましょう。


そうして作業していくと



……

………腕が疲れるんご _:(´ཀ`」 ∠):_

この作業、ハンディクリーナーでずっとやってるとけっこう腕が疲れるので、始めに全体のホコリを大まかに吸い込んだら、ブラシヘッドだけ取り外して持ちホコリを掻き出していきましょう!

そうすると、このように掻き出したホコリがまとまってきます↓

細かい部分に入り込んだホコリは歯ブラシなどを使うと掻き出しやすいです↓

ある程度ホコリを掻き出したら掃除機で吸い込んで、残ってる部分をまたブラシヘッドで掻き出してを繰り返してキレイにしていきます。


キレイになったら今度は裏面にも同じようにやってあげましょう、赤く囲った部分のように裏側もけっこうホコリが残ってたりします。

全体をホコリを掻き出して掃除機で吸い取ってを繰り返しても取り切れないホコリにはこのテープを使ってみてください。

このテープをベタッと貼り付けます。

剥がすと、ちょっとわかりづらい写真になってしまいましたが赤く囲った部分みたいになります。

残ってる部分はこんな感じでペタペタとテープを貼って剥がしてをやってくと結構キレイになってきます。

下の画像をクリックもしくはこちらから買えます→SEKISUI 養生用テープ

メッシュ部分がキレイになったら今度は脚本体のホコリを拭いてキレイにしてあげましょう!

僕は近くにあったフロア用クリーナーシートを使ってますが、これはウェーブハンディワイパーみたいなモノや雑巾などなんでもいいと思います。

ただし、水拭きした場合は水気が残らないようにしてあげましょう。

以上のやり方を駆使して自分が納得できる範囲でキレイになったらお手入れ終了です!

お疲れ様でした(`・ω・´)ゞ

やっぱりキレイになると気持ちがいいですね♪

椅子は体を長時間支えてくれる家具ですので大事に使ってあげましょう!



というわけで、今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました(`・ω・´)ゞ

また次の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です