ポスターカラー復活剤を使ってみた結果

こんにちは、アナログ背景画のリハビリ中のりずです(*‘∀‘)

アナログ背景を描く基本練習の記事のために、僕自身も絵の具を久々に使って作業してるのですが、だいぶ腕が落ちてます(笑)

昔の自分に追いつけ追い越せ状態ではありますが練習がてら使おうとした色が固まりまくっていたので出端を挫かれかけました。

なので、今回は満を持して!こないだ買ってきたポスターカラー復活剤を使ってみたのでレビューをしていきたいと思います。

◆復活剤を使う時に用意するもの
・乾燥して固くなったポスターカラー
・撹拌用の棒

以上を使っていきたいと思います。

※そもそもポスターカラーが乾燥して固くならないようにマメに少し水を入れてかき混ぜるなどしておいた方がいいです(`・ω・´)




……

………(゚ω゚) まあ固まっちゃったモノは仕方ないよネ!

ちなみに撹拌用の棒は混ぜられるなら何でも良いのですが、僕は下の画像のような溝引き棒を使っています。

ガラス製もあれば金属製のモノもあります。
どっちの大した値段ではないので両方あってもいいかもしれませんね。

※溝引きとはなんなのかに関しては別の記事でお話します。

では、まずは固くなったポスターカラーの状態を確認してみましょう!

…ふむ、一見、結構乾燥しているように見えましたが触ってみると手に付着したので思ってたよりかは固まってなさそうですね。

ですが、このままだと使いづらいことに変わりはないので復活剤を使ってみます。

少量ずつ入れながら撹拌棒で混ぜていきます。

数分混ぜてみた結果

これ、ええやん(*’ω’*)

良い感じに柔らかくなったので、ちょっとこれは他の乾燥しかけてるやつにも使っておこう♪

と、使っているとついに手ごわいのが出てきました…

…カラッカラに乾いてやがる( ;∀;)

押しても全然撹拌棒が動きません(; ・`д・´)

※ちなみに、こういう時は力を入れすぎると折れてしまいやすいガラス製より金属製の方が良いです。

というわけで、復活剤を注ぎまくります!

ですが、さすがに固すぎてなかなかほぐれませんでした(^_^;)

15分ぐらい格闘してようやくこれぐらいです↓

上のあたりはようやく溶けて復活してきましたが、まだこんな感じの塊が残っている状態です。

さらに復活剤を投入しつつ格闘を続けること10分ぐらいでようやくここまでになりました(;’∀’)↓

中にはまだ固まりが残っていて今回は完全に復活させることは叶いませんでしたがとりあえず使用できる程度には復活しました(*´з`)

ですが、この黄色い絵の具に関しては使う度に復活剤を投入し、元に近い状態に戻してやろうと思います!


と、こんな感じでポスターカラー復活剤はなかなかに使えるアイテムでした(`・ω・´)ゞ

水でも代用はできますが、復活具合はやはり復活剤の方が上だと思いますので個人的にはこちらはオススメです。

ポスターカラーが乾燥してしまった(>_<)という人は使ってみてくださいね(*’▽’)


↓こちらの30mlで試してみるのもありかもです。
※画像をクリックで販売ページに飛べます

もちろん、一番良いのは乾燥しないようにマメに管理することです(笑)



それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!
また次の記事で(`・ω・´)ゞ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です